子育てや地域情報、体験ブログを中心にお届けするポータルサイトです。子育て、家事、仕事、教育、パパの学校、主婦名鑑、保護者ミーティング、主婦・ママの困ったを解決します!対象地域 中通りを中心に福島県全域、郡山市、須賀川市、本宮市、二本松市、福島市

【みんなの体験談】陣痛?破水?帝王切開?感動の出産体験教えてください。

 
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
この記事を書いている人 - WRITER -
しゅふコミ編集部
福島県在住の主婦が運営しています。 自分達の得意な事を分担しながらサイト運営しています。 楽しく福島で子育てしましょ♪ 一緒にサイト作りに参加してくれるしゅふコミサポーターも募集してます!
詳しいプロフィールはこちら




主婦の困ったを解決するコミュニティサイト、「しゅふコミ」へようこそ。

 

本日は、みんなの体験談、出産です。

 

陣痛から?破水から?帝王切開?

 

出産時にどうなるか、、って不安ですよね。

 

先輩ママの経験談から、備えるべき事、その時パパはどうするか、準備は何をしておけばいいのか、みんなの出産体験聞いてみました!



経験ママにアンケート 出産時の始まりを教えてください。

  1. 陣痛 40人
  2. 破水 21人
  3. 帝王切開 8人
  4. おしるし 3人
  5. 出産促進剤 3人

出産しゅふコミアンケートより

このような結果になりました。

 



私の出産体験

破水、陣痛体験しました!

1人目朝方、オナラをした夢を見て「ハッ」として目が覚めました。

 

それが破水のサインでした。

 

2人目、陣痛、3人目も陣痛でした。

 

腰が痛くて陣痛なのか、しばらく迷いました。

 

病院まで30分だったのですが、ナプキンのLサイズを3枚重ねても、病院に着くまでたっぷりになるほどでした。

 

完全破水と言われ、そのまま着替えて、分娩台でした。

 

その後、陣痛促進剤を使用しての出産になりました。

 

1人目はパパと母が一緒に付き添ってくれました。

 

力んだ末の帝王切開

1人目、13時間力んだ末~の帝王切開でした。

 

おっきくて出なかったそうです。4050㌘でした。

 

次男2週間早くて3844㌘、三男は3週間早くて3000㌘、最初から帝王切開。

 

長男の時、旦那は二日酔いで、、

 

次男の時、手術とわかってたのに北海道出張、、

 

三男の時は、病院来てました。

 

切迫で出血が、、

切迫だったので3週間早くて出血が先にきました。

 

仕事場での出血だったので、半休とり、産婦人科行ったらもう、次の日から絶対安静と言われ、自宅でトイレ以外は全て寝てました。

 

立ち仕事でバタバタ動き、2階だったこちもあって、、

 

休憩も無い状態にてお腹の『ハリ』に気づかないままにしていました。

 

それが原因かと先生には言われました。。

 

本陣痛かわからず、、

母親や叔母、同僚から、ほんとにとんでもなく痛いと聞いていたので、前代未聞の痛みが来るんだと思い込んで、ずーっと本陣痛が来ていることに気づかずにいました。。

 

ちょうど検診日だったので、無事2時間で出産できましたが、病院に着いて検診始めた頃にはもう8センチ開いていたようです。

 

ある意味危機一髪でした。

 

生理がもともと重い方は痛みに耐性がついているので、痛いだけが本陣痛じゃないと知っておくと良いかもと。

 

陣痛が軽かったので子宮の戻りを心配したのか、収縮剤を投与されたんですが、そのせいで出産後気持ち悪くて大変でした。

 

立ち会いしてたパパが、出産が終わっても様子見ててくれたのは助かりました。

 

 

促進剤を飲んだら、痛くて、、

予定日を過ぎていたので、促進剤の薬を飲んで、促進剤の点滴をしました!

 

促進剤で普通の陣痛より痛くて暴れる私を、旦那さんは全身で押さえつけていました。。

 

結局、全部コースでした。

予定日超過してしまったため、入院。

 

促進剤を投与、バルーンも使い、陣痛も来たのですが、最後の最後で進まず、緊急帝王切開でした。

 

破水から始まりました。

【一人目】
夕方うとうとしていて、目が覚めて破水に気付き、大きめのナプキンをあてて一人でタクシーで病院へ。

 

陣痛が微弱だったので体力温存の為に睡眠剤を投与してもらい、5分間隔になるまで寝たり起きたりの繰り返しであまり記憶がありません。

 

初産だったこともあり、分娩台にのってから生まれるまで2時間位かかりました。

 

【二人目】
上の子を連れて実家に泊まりはじめて数日後に、夜になると微弱陣痛がくる日が二日続き、おしるしが出たので旦那の帰りを待って病院へ行きました。

 

陣痛室で一晩過ごし、翌朝旦那は出勤しました。

 

お昼過ぎまで本陣痛が来ず、促進剤からの出産でした。

 

結局どちらも立ち会いなしで産みましたが、居てくれたら心強かったのにとはあまり思いませんでした。

 

一人目の時に、一人でタクシーで病院に行ったら驚かれました。

 

誰かと連絡がつくまで待って何かあるよりは自分で行った方がいいかなと。

 

その時は、まだ、すたすた歩けましたしね。

 

夕方から入院の場合は、何か食べるものを持っていくことをお勧めします。

 

時間的に病院のご飯は出ないし、場合によっては購入できないこともあります。

 

双子出産でした!

双子だったので1ヶ月半前から計画入院でした~

 

同室の双子ママたちは帝王切開でしたが、「なんか、いけるかも?」っていう意味のない自信で自然分娩にしました。(笑)

 

途中で帝王切開になるかもよ?本当にいいの?

 

と、何度も念を押されたんですが、たぶん陣痛(促進剤あり)がきて3時間くらいでスルッと産まれました。

 

後から来た家族は、すでに産んだと聞いて、驚いていました。

 

双子の自然分娩珍しかったのか、チラッと見たら医大の学生が15人くらいカーテンの向こうにいました!

 

陣痛→破水→帝王切開でした。

陣痛間隔が分からなくて24時間家で様子見して、病院行って12時間後に産まれました(笑)

 

破水したのに進まず、胎児が心拍落ちてきたので。

 

と緊急帝王切開になりました。

 

4人経験しました。

【1人目】

微弱陣痛のまま出産したような記憶です。。

 

病院にて破水、促進剤と点滴2本くらい打って、16時間半かかっての出産でした。

 

原因は首に半分へその緒引っかかり、すすまなかったとの事でした。

 

旦那はずっと横にいましたが、 分娩台で苦しむ妻の横で寝ていたことは忘れない。。

 

【2人目】
1人目から1年半後の出産。

 

陣痛で目が覚めましたが、前回の事があるので ギリギリまで家にいようと、普通に家事してました。

 

痛み逃ししていたら、旦那が目覚め、いよいよ痛くなってきたのでタクシーで産院へ向かいました。

 

いい歳したタクシーの運転手が『新人なので』を連呼し 30分で行けるところを1時間かけ病院に到着、そのお陰でお産がすすみ、病院着いて破水そのまま10分で出産。

 

尿意を我慢していたので 到着すぐ入ったトイレで 出ていた模様でした。。

 

旦那は、脱走した長女を追っている間に産声を聞き、 立ち会えずでした。

【3人目】
2番目より7年後の出産です。

長男が遊びに行ったすぐあと陣痛が始まり、帰宅待って産院へ向かいました。

 

ギリギリまで粘った甲斐あり、 病院ついて1時間くらいでした。

 

分娩台にて破水後、会陰切開からの出産でした。

 

旦那は立ち合いができました。

 

【4人目】
3番目より1年半後の出産。

 

起きたら陣痛でした。

 

あっという間すぎで覚えてないくらいの出産で、医師 間に合わずでした。

 

促進剤使ったのは 1人目だけでした。

 

4番目に至っては 会陰切開してないのに 裂けもせずでした。

 

どの子の時も、子宮の戻りも早かったので 収縮剤で逆に具合が悪くなりました。

 

看護婦さんが導いてくれました。

陣痛が始まってから、間隔を見て時計とのにりめっこ!

 

出産の前に食べなきゃと、ガッツリ食事をしました。

 

病院に行った時は8センチほど開いてすぐ入院!

 

3人とも、普通分娩で笑う出産が出来ました。

 

陣痛は人並みに痛かっただろうけど、看護師さんの言う通りに導いてもらえました。

 

4人出産、出血が多く、、

わたしは妊娠中動き回ってもあまりお腹が張らなかったので、陣痛も弱めでした。

 

が、一応陣痛始まりです。

 

次男以外は予定日約一週間すぎての出産です。

 

1人目、4人目は促進剤を使用しました。

 

出血が1人目と2人目かなり多くて1700ccと1200ccでした。

 

1人目は17時間うなり、最後は先生が馬乗りになり、お腹押しながらの出産でした。

 

2人目はお風呂中ぐーっと下がってくる感覚があって、その後陣痛があり、病院についてから一時間もしないうちに産まれました。

 

出血が多くて、出産後トイレに寄ったら、意識失って倒れてしまったハプニングありです。

 

夫が付き添ってくれました。

【1人目】
尿漏れのような破水から、6時間後に本陣痛で自然分娩。

 

【2人目】
陣痛が来て3時間での自然分娩。

 

長男が病室から脱走してしまって、産後2時間で院内を走り先生達にドン引きされる 笑

 

【3人目】

予定日を過ぎても陣痛がのらず、初めて促進剤投与され、それがとっても辛かったです。

 

産後、後陣痛の痛みで吐いてる所を、上の子に見られて「ママ死なないで!!」と、ギャン泣き。

 

それが精神的に辛かったです。

 

3人とも夫が付き添ってくれ、ずっと手を握って励ましてくれました。

 

心強かったです!

 

1人では怖くて産めないと妊娠中に言っていたので、3人立ち合い出産が出来たことに感謝です。

 

特に長男は3.11震災の1ヶ月後だったので、側にいてくれるだけで充分でした。

 

産んだ感動を一緒に味わうはずが、、

予定日前に3時間も歩いたのに陣痛はこず、その後入院して、分娩台で一夜(促進剤、バルーン、微陣痛)最後に帝王切開での出産となりました。

 

よくわからず、途中で全身麻酔にしたので、産まれて直ぐに抱く事が出来なかったのは後悔です。

 

麻酔が切れて直ぐの、旦那からの一言

「じゃ、帰るわ」
「でも、他のおかあさんに比べると楽で良かったね。」

 

⁇あれ?感動を分かち合うとか。。。心配とか。。。ないの?

 

この人とは、一生分かり合えなそう。と、愛情がなくなりました。

 

出産は感動するけど、旦那さんにはその後の妻への対応によっては、愛情が無くなる事も知って欲しいです。。

 

13年後の出産は、、

【1人目】

お昼ご飯を食べ終わって片付けようと立ち上がった瞬間‼️

 

ビシャーっと。。

 

一気に破水してしまい、すぐに病院へ。

 

夜まで陣痛が来ず、日付が変わり、促進剤→投与後、吐きながらの陣痛→赤ちゃんの心音が停止し、緊急帝王切開に切り替えます!!の先生の声と共に、心音回復→自然分娩となりました。

 

【2人目】

1人目の時から13年振りの出産でした。

 

1人目が過激な痛みだったので、本当の痛みはこれからだ!!

 

これから凄いヤバい痛みがやってくるんだ!!

 

と思っているうちに、分娩台へ。

 

分娩台に乗ってから、15分ぐらいでの出産でした(笑)

 

旦那さんは立ち会って、号泣していました。

 

主人の焦り方がすごかった、、

【長男】
就寝直前に破水。

 

逆子だったため、すぐさま病院に連絡しました。

 

主人に新生児用のおむつを数枚取ってもらい、股に当てながら着替えをして、その間に荷物を積み込むように主人に指示をだし、車に乗って出発。

 

しかし、主人が道を間違え、、陣痛に耐えながらキレたのを覚えています。

 

病院到着後、長男の足が産道に出ていたため子宮に戻され、絶叫、、その後帝王切開での出産でした。

 

【次男】
36週の検診から帰宅中に陣痛。

 

家で、実母とお留守場していた長男を連れて、車を運転して病院にとんぼ返り。

 

仕事から病院に直接きた主人と合流。

 

張り止めの点滴でも陣痛収まらず、ちょっと早産でしたが帝王切開。

 

どちらも術前の検査と入院をしない、緊急帝王切開で出産しました。

 

手術に送り出すときの主人の顔が真っ青でした。

 

手術に向かう医師がやたら焦っていたので、タダ事ではないと不安になったそうです。

 

焦っていると、いつも通っている道でも間違ったりするので、事前にナビに設定するのが確実と思います。

 

主人も破水については、病院の両親学級の際に聞いてはいましたが、バッシャーってビショビショになるくらいの派手な破水だったので、生まれちゃう!!と思って焦ったようでした。。

 

日本語が理解できなくなるくらいに動揺してました。。

 

オーガズミックバースを味わいました。

【1人目】
破水し病院へ。

 

絶え間なく陣痛が襲ってきて、母子とも酸素不足。

 

酸素つけるのは医療行為の為、夫は分娩室より出されました。

 

そこから怒涛の連続陣痛の波。

 

一気に子宮口全開!

 

踏ん張りたいが、外陰部が子宮口に追いつかないから、いきみを逃して言われ、それが辛かった!

 

子供の呼吸が弱くなったので、会陰切開!

 

切開がスカーッと気持ち良く、いきんでーと言われてその頃から気持ちがハイに。

 

産まれ瞬間の気持ち良さは「快感❣️

 

何事にも変えられない気持ち良さを味わいました。

 

主人は産むのはもっと先と言われ一端帰り、戻る前に産んでしまいました。

 

出産体験 まとめ

アンケートでは、陣痛が1番多い結果になりました。

 

本当に、お一人お一人感動があります。

 

全ての出産体験に共通するのが、「母強し」って事ですね。

 

出産は一人一人全く違う形が、あるのかもしれません。

 

どんな始まり方でも、焦らないように、パパと一緒に準備は必要ですね。

 

 



この記事を書いている人 - WRITER -
しゅふコミ編集部
福島県在住の主婦が運営しています。 自分達の得意な事を分担しながらサイト運営しています。 楽しく福島で子育てしましょ♪ 一緒にサイト作りに参加してくれるしゅふコミサポーターも募集してます!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しゅふコミ  , 2020 All Rights Reserved.