子育てや地域情報、体験ブログを中心にお届けするポータルサイトです。子育て、家事、仕事、教育、パパの学校、主婦名鑑、保護者ミーティング、主婦・ママの困ったを解決します!対象地域 中通りを中心に福島県全域、郡山市、須賀川市、本宮市、二本松市、福島市

【教えて先生!】現役ママ塾講師が教える,小学校入学準備にママがすべき事

 
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
この記事を書いている人 - WRITER -
しゅふコミ編集部
福島県在住の主婦が運営しています。 自分達の得意な事を分担しながらサイト運営しています。 楽しく福島で子育てしましょ♪ 一緒にサイト作りに参加してくれるしゅふコミサポーターも募集してます!
詳しいプロフィールはこちら

本日のテーマは「小学校入学準備」

 

5、6歳くらいになってくると、だんだん小学校の事を考えるようになっていきます。

 

勉強も始まり、今までとは全く違う環境になるため、「うちの子大丈夫かな?」「ついて行けるかな?」そんな不安の声も多く聞かれます。

 

今日は、自身も小学生を持つママであり、小学生向けの塾を開講する佐藤宏美先生に、小学校入学準備について聞いてきました。

本日の先生

佐藤 宏美先生

小学校教員免許、小学生向け塾講師

福島県郡山市 佐藤塾主催

詳しいプロフィールはこちら



先生、小学校入学準備で一番重要な事はなんですか?

これから、準備しないとな~~

 

と考えている方も多いと思います、よく「ひらがなは書けた方がいいですか?」「カタカナはどうでしょう?」とお勉強の心配を相談されることが多いです。

 

これから学習に取り組む、習い事もそうですが、

 

その場合に一番大切なことは、

 

「勉強をきらいにさせない」事です!

 

当たり前の話しですが、これからどんどん勉強が進んでいきます。

 

入学前から、勉強をやらされていた子供は、低学年の簡単な問題のうちはいいのですが、難しくなった時、勉強が嫌いになってしまう事があります。

 

勉強が嫌いなのではなく、勉強する時間が嫌いになってしまいます。

 

嫌いになると、先生や親御さんが頑張って教えても、、やりたくない、、

 

親御さんが困って一緒に、塾に来ることがあります。

 

そんな時は、目標を設定してあげます。

 

大きなものではなく、目先の小さなものです。

 

そして、成功体験を積み重ねるようにします。

 

すると、勉強が楽しなってきます。

 

そうすると、次の問題も解きたくなる!

 

このように勉強の習慣ができていきます。

 

親は、できないとイライラして、怒ってしまったり、、、

 

すると、出来ない事を指摘されるのが嫌になってしまうんです。

 

親も、子供にも負担になりますから、学校行ってから覚えるくらいの気持ちでも。

 

子供って、びっくりするほど興味持ったらすぐ覚えますから。

 

うちの子は「ひらがな書ける」からいい??

入学後の一学期については、学校生活に慣れると、ひらがなの学習が主な内容です。

 

では、入学前にひらがな全部書けるから、大丈夫!なのでしょうか?

 

入学前に「もう、ひらがななんて書けるよー」と思っている子には、書き順のチェックをお願いしたいです。

 

と宏美先生!

 

実は、小学一年では、親が「そこまで⁈」と思うくらい、ひらがなの書き順・字形などを赤ペンで直されます。

 

そして、何度も書き直しさせられます。

 

今までひらがななんて簡単!と思っていた子も心が折れるほど直されます。。

 

最後、書けた字を見るのではなく、ひらがなの練習を一緒に見る事が重要です。

 

ひらがなの書き順は、これからの学習の土台です。

 

その土台がしっかりしていれば、漢字学習に入った時スムーズに移行できますよ。

 

今後の学習でママができる事って?

じゃ、親は何したらいいの??

 

今後どのように子供の学習と関わればいいのでしょうか?

 

そんな質問も聞いてみました。

 

お子さんの学習の「クセ」に気づいてあげる事が重要です!

宏美先生

 

お子さんの学習のクセ、例
  • 反復練習が苦にならない。
  • ダイナミックな字を書くけど、間違いを指摘すると嫌になってしまう。
  • 真面目に書くけど、筆圧が強くて疲れちゃう‥

 

その子によって、必ずクセがでてきます。

 

早い段階で親がそのクセに気付いてあげると、

 

親に相談する→親も共感する→一緒に対策する

 

と言う良い流れが作れるようになります。

 



学習のクセへの対策

では、学習の「クセ」が分かると、どのような対策ができるのか、1つの親子を例に考えてみます。

 

2年生男子ママよりこんな質問を受けました。

 

うちの子、漢字を書くのが嫌いみたいです。

ママ

そうですか、漢字が嫌いなんですか?書くのが嫌いなんですか?

宏美先生

書いてるうちに手が痛いって言うんです。

ママ

なるほど、筆圧はどうですか?

宏美先生

かなり強いと思います。消しゴムで消しても良く消えなくて、汚いんです。。

ママ

筆圧が強すぎるのかもしれませんね。

宏美先生

 

といように、話しているうちに、筆圧が強すぎて書くのが疲れてしまう。。ということがわかりました。

 

宏美先生の提案
  • 筆圧が強い子用の消しゴムを使う
  • 鉛筆を2B→4Bに変更
  • 強く書かなくてもいいと言ってもらう

 

筆圧強い子用消しゴム プラス 消しゴムオムニ

小学校では、しっかり書くということを先生は教えます。

 

薄く、へなへなの字は認めてくれません。

 

ちゃんと書かなくちゃ!と思い、筆圧が強くなり過ぎる子がいるんです。

 

でも、疲れてしまうので、結果、嫌い、、になってしまうんです。。

 

クセを見つけれたからこそ、対策することができました。

 

このように、対策方法は必ずあります。

 

時には、担任の先生や専門家に相談することも大切ですよ。

 

小学校入学準備 まとめ

小学校入学は、子供にも、親にも大きな節目。

 

赤ちゃんだった、この子が、、と成長を感じますが、同時に大丈夫かな。

 

心配は尽きません。

 

しかし、親が前かがみになり過ぎて、負担になる事もしばしば、、

 

一学期は、学校のスケジュール、宿題で大変だと思うので、まずは生活に慣れることを目標に。

 

親は、出来ない事実だけを見るのではなく、なぜ出来ないのか、どうしたらやりやすくなるのか。

 

そんな視点で見てあげるのが、大切なのかもしれませんね。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
しゅふコミ編集部
福島県在住の主婦が運営しています。 自分達の得意な事を分担しながらサイト運営しています。 楽しく福島で子育てしましょ♪ 一緒にサイト作りに参加してくれるしゅふコミサポーターも募集してます!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しゅふコミ  , 2020 All Rights Reserved.