福島県のママみんなで作る、子育てや地域情報、体験ブログを中心にお届けするポータルサイトです。子育て、家事、仕事、教育、パパの学校、主婦名鑑、保護者ミーティング、主婦・ママの困ったを解決します!対象地域 中通りを中心に福島県全域、郡山市、須賀川市、本宮市、二本松市、福島市

佐藤 宏美先生プロフィール

佐藤宏美

 

小学校教諭 塾講師

 

3歳男子、6歳女子の子育てをしながら、小学生の学習支援を行う。

 

37年続く、地元に絶大な信頼を持つ福島県郡山市 佐藤塾にて、小学生向け講座随時開講中。

 

学習面での相談にも親身に乗ってくれると、悩めるママの駆け込み寺として、大人気講座、多数開催。

 

小学生向け講座も随時開催、お問い合わせは佐藤塾ホームページよりお気軽にどうぞ。

 

佐藤塾のホームページはこちら

 

生い立ち

実は、、私は子供が苦手でした。

 

姉が大学で教職を取る中、絶対教員の道は進みたくない、、と思っていました。

 

なぜなら「自分のような子供には教えたく無い」そう思っていたからです。

 

そんな私が、教職を通信で取り、小学生向けの講座を開講するまでになった経緯をお話します。

 

私の子供時代

そもそも私は、自己肯定感が低く、努力は嫌い。

 

でも、人に負けるのも嫌、と言う拗らせ小学生でした。

 

今思えば、先生、大人ってこう言う子供が好きでしょ?

 

と思って行動するような嫌な子だったと思います。

 

進学

勉強することは嫌いではなかったし、化学が好き!

 

という単純な理由で、理系の大学に進学しました。

 

しかしながら、大学に進んだもののイマイチやりたいこともなく。。

 

とりあえず、会社員となり仕事に明け暮れる毎日。。

 

ターニングポイントは甥っ子の誕生

そんな時、姉に子供が産まれます。

 

拗らせ会社員だった私に、何の疑いもなく寄ってくる甥っ子。

 

身近にこんな子がいたら、少しづつ好きになっていくのかな〜と思ったらどハマり!

 

幼稚園行事には、姉に変わって涙を流しながらビデオカメラを流し、送迎もお休みの日は喜んでしました。

 

その姿を見た姉から、「一応役には立つから小学校の免許取れば?」

 

と軽い感じで言われ、そうかもしれないな~甥っ子が入学したら役に立つ事もあるわね!

 

と軽い気持ちで教職を通信で取得することを決意。

 

結婚、出産

たまたま、嫁いだ先が学習塾を経営していたので、教員になるより塾でお手伝いした方がいいなー。

 

と思っていたら、妊娠、出産。

 

子供を育てる事の難しさにもぶち当たり、、

 

長女には凹凸があり、悩んだ時期もありました。

 

この事をきっかけに、色んな立場の方と繋がり、沢山の方から話しを聞く機会が増えました。

 

今後

同じように、子供の学習面で悩んでいるママが沢山います。

 

今の福島県の学習環境を少しでも改善・よく出来ないかと考えるようになり、2019年から少しずつ活動を開始することができました。

 

2019年4月からは、今まで塾で行ってなかった、小学校低学年向け講座を開講。

 

さらに、学習支援が必要なお子さん向けの講座の、開講を目指し現在準備中です。

 

「学びたい子が学べる環境を整えてあげる」をモットーに、今日も奔走しております。